管理薬剤師・薬局経営

【2020年】服用薬剤調整支援料2とは?│点数・算定要件を解説

服用薬剤調整支援料2
タマコ
タマコ
服用薬剤調整支援料に2つ目ができるそうですね。というか、服用薬剤調整支援料の要件ってなんでしたっけ?
プジキ
プジキ
もとの要件がどんな内容で違いは何なのか、算定できる条件など、押さえていきましょう!

2018年に追加された「服用薬剤調整支援料」に2つ目の区分が誕生した。

点数や算定要件、もとの「服用薬剤調整支援料」との違いを整理していきます。

点数・算定要件について

 

点数

(新設)
服用薬剤調整支援料2 100点(3月に1回まで)

 

算定要件

複数の保険医療機関より6種類以上の内服薬(特に規定するものを除く。)が処方されていたものについて、患者若しくはその家族等の求めに応じて、当該患者の服用中の薬剤について一元的把握を行った結果、重複投薬等が確認された場合であって、処方医に対して、当該重複投薬の状況が記載された文書を用いてその解消等に係る提案を行ったときは、3月に1回に限り所定点数を算定する。

 

そもそもの服用薬剤調整支援料の点数と要件は?

念のため、服用薬剤調整支援料の点数と要件についても書いておく。

 

点数

服用薬剤調整支援料 125点

 

算定要件

6種類以上の内服薬(特に規定するものを除く。)が処方されていたものについて、処方医に対して、保険薬剤師が文書を用いて提案し、当該患者に調剤する内服薬が2種類以上減少した場合に、月1回に限り所定点数を算定する。

 

プジキ
プジキ
6種類以上の内服薬が処方されている患者から、2種類以上の減薬が成功した場合に算定できる加算でしたね!
服用薬剤調整支援料とは?
『服用薬剤調整支援料』とは?点数や算定内容・ポイントは?【2018年度調剤報酬改定】2018年度から新設される『服用薬剤調整支援料』について、点数や算定内容、算定のポイントをまとめました。ぜひ参考にして、明日からの調剤で算定してください。...

 

算定のポイントは?

服用薬剤調整支援料2は重複投薬の解消を提案すると算定できる。薬剤を減少させなくてもOK。

6種類以上の内服薬という部分は同じように見えるが、『服用薬剤調整支援料2』では複数医療機関から6種類以上と規定されている。

6種類以上の内服薬が処方されていて、重複投与を発見した場合に、その解消をするための提案を処方医へ行うことで算定できる。算定は3月に1回まで。

 

今までとの大きな違いは、実際に薬剤を減少させる必要はなく、提案だけで算定ができることですね。

これ、「重複投薬・相互作用等防止加算」との絡みが気になる。

重複投与を発見し、処方医に文書で連絡(提案)をしておけば、下記のように条件によって算定する項目が異なるのか。

  1. 薬剤を減少させたときは「重複投薬・相互作用等防止加算:40点」
  2. 薬剤を減少できないときは「服用薬剤調整支援料2:100点」

もし、両方算定することができるのであれば、医師に書面で連絡するようにしたい。

 

いずれにせよ、重複投薬は患者さんの安全な服薬治療を進める上で、重要かつ基本的なことなので、より積極的に薬剤の一元管理を進めるのがポイントですね( ✧ω✧)

 

2020年_調剤報酬改定_総まとめ
【2020年】調剤報酬改定を総まとめ!新設項目や点数の変更点は?2020年(令和元年度)の調剤報酬改定の内容をまとめました。新たに追加された加算や、2018年から要件や点数が変更となるものを一覧にしてあるので、全体像を把握したい方におすすめです。...

 

薬局に関する勉強に便利なサイト

最後に、私がブログを書くときの記事ネタを探したり、情報収集に活用しているサイトの『m3』をちょっとだけご紹介。

m3は、薬局に関連性のある最新情報を国内外問わずにまとめて確認できるため、効率的に知識を補えるので助かっている。

 

一例ですけど、こういった情報が毎日更新される↓

m3_サンプル

こう、非常に興味をひかれるコンテンツが豊富。それで、毎日更新される。 なので、毎朝の通勤時間でサッと記事のタイトルだけ見ておけば「え、知らないの?」といった取り残されるリスクが無くなる。※アプリがあるので便利。

 

閲覧するためには登録が必要なんだけど、お財布にやさしく登録費が無料。登録時に入力する内容は名前とか生年月日などで、「1分」あれば登録ができる。

なので、登録するか悩むぐらいなら、その悩んでる時間で登録完了する

 

あと地味に嬉しいのは、サイト内の勉強動画を見ると『m3ポイント』なるものが貯まり、『Amazonギフト』と交換できる。情報収集しながらお小遣い稼ぎできるのが一石二鳥。

 

他の薬剤師向け情報サイトでは有料登録しないと読めないネタが、m3で掲載してることもあるので、登録して損は無いというか、「使わないのが損」な貴重なサイト。

すべての薬剤師に自信を持っておススメできるので、他の薬剤師に差をつけられる前にぜひ活用してみてください(و`ω´)و

公式サイトm3

 

【質問】薬剤師としての価値を高めるには?

 

【答え】継続的な勉強

2019年5月に厚労省が出した薬剤師の需要と供給についてのレポートをご存知ですか?

これ簡単に言うと『すでに薬剤師が余り出している』という内容が書いてある。需要を上回る数の薬剤師がいるそうだ。

 

突然ですが、最近の新卒の採用事情はご存知ですか?

調剤薬局やドラッグストアは、昔はそれこそ薬剤師の資格を持っていれば即採用というぐらい簡単でした。

でも今はちがう。優秀な成績の薬剤師に絞り始めていて、成績が悪い薬剤師は採用しない

この流れが、じわじわと中途採用にも来ています。なぜそんなこと分かるかというと、これでも薬剤師の採用を担当してますから、動向はチェックしてるのです。

 

薬剤師が飽和していく未来に対し、すこしでも質を高めて需要の高い人材となるため、ぜひ日々の勉強に役立ててください(و`ω´)و

薬業界の勉強_おすすめサイト(TOP用)