ちょっと薬剤師レベルを上げる
薬剤師の転職

【保存版】薬剤師免許の登録情報の変更手順

結婚や離婚で氏名や本籍地の住所(都道府県)が変わったら、忘れずに薬剤師の登録情報・薬剤師免許の変更をしなければならないのです!

 

なんでこんな興奮気味に話してるかというと、、、つい最近、うちの会社の薬剤師が結婚をして苗字が変わりまして。「早く変更届を出しに行くんだぞー!」とアドバイスをしたのですが、手続きに行こうとする雰囲気がまーったく無い

お節介なおっちゃんであるプジキは何とかしてあげたい一心で、「早めに行かないと、手続きが増えて面倒やで~!」と圧力をかけた。(そしたら、ようやく手続きに行ってくれました。。。)

 

というのも、変更届の提出は期限が定められている。変更が発生してから30日以内に提出するように注意書きがあり、遅れてしまった場合は遅延理由書を用意しなければならない。 なので早めのほうが良いんです。いちいち準備するの、面倒よね(汗

 

今回の記事では、薬剤師の名前や本籍地が変わった場合に、どのような届け出が必要なのか、いつまでに届け出る必要があるのか、手続きにかかる費用や必要書類は何か、といった内容をまとめる。

変更手続きをおこなう必要がある薬剤師のあなたに、ぜひ参考にしてもらいたい。

 

なぜ薬剤師の免許を変更する必要があるの?

それは、薬剤師法施行令に記載されているから! せっかくだから、該当条文を見てみましょう。

薬剤師法施行令

(薬剤師名簿の登録事項)
第四条  薬剤師名簿には、次に掲げる事項を登録する。
一  登録番号及び登録年月日
二  本籍地都道府県名(日本の国籍を有しない者については、その国籍)、氏名、生年月日及び性別
三  薬剤師国家試験合格の年月
四  法第八条第一項 又は第二項 の規定による処分に関する事項
五  法第八条の二第二項 に規定する再教育研修を修了した旨
六  前各号に掲げるもののほか、厚生労働大臣の定める事項

(薬剤師名簿の訂正)
第五条  薬剤師は、前条第二号の登録事項に変更を生じたときは、三十日以内に、薬剤師名簿の訂正を申請しなければならない。
2  前項の申請をするには、申請書に申請の原因たる事実を証する書類を添え、住所地の都道府県知事を経由して、これを厚生労働大臣に提出しなければならない。

赤色にしたテキスト部分が、薬剤師の免許を変更しなければならない理由の箇所です。 簡単に言うと、『本籍地の都道府県、氏名、生年月日、性別に変更があった場合、30日以内に薬剤師名簿の訂正をしなければならない』と書いてある。

このように、薬剤師の名簿は30日以内に変更・訂正する必要がある。

 

しかし!

 

薬剤師免許の変更(書換交付。新しい免許証を発行してもうらこと。)は30日を超えても法令上は問題なかったりする

とかいって、余裕をみせてると間違いなく手続きを忘れるので、セットで変えちまいましょう。(※薬局で勤務するときは、保健所への登録に免許が必要だしね!)

 

薬剤師名簿の変更手続きとは?

薬剤師名簿の変更は、住所地(住民票記載)の保健所で行います。変更に必要な書類・手数料は以下の通りなので、揃えてから保健所へ行きましょう。

薬剤師名簿の変更に必要な書類・費用

  1. 薬剤師名簿訂正書
  2. 戸籍謄本、または戸籍抄本 ※発行日から6ヶ月以内
  3. 手数料(収入印紙):1,000円
  4. (変更後、30日を超えた場合)遅延理由書

1の『薬剤師名簿訂正書』は保健所に用意されていますが、HPからもダウンロード可能です➡e-Gov 電子政府の総合窓口 薬剤師名簿の訂正 から【薬剤師名簿訂正申請書】をクリック

戸籍謄本、または戸籍抄本は、発行日から6ヶ月以内でなければならない。うっかり6ヶ月を超えてしまう(あんまり無さそうだけど・・・)と面倒なので、取ったらすぐに手続きへ行っちゃいましょう!

 

ちなみに! 薬剤師名簿の訂正は、申請書を保健所に提出してから約2カ月かかります。

 

薬剤師名簿訂正書の書き方

薬剤師名簿訂正書の書き方はとても簡単。以下に書き方を図解します。

薬剤師名簿訂正申請書

書面に書く内容は次にかいてある内容でOK

  1. 登録の年月日
  2. 薬剤師名簿登録番号
  3. 変更前の氏名又は本籍地都道府県名もしくは国籍
  4. 変更の理由及び年月日

1、2に関しては、薬剤師免許証に書いてあるから、手元の薬剤師免許証から当てはまる部分を書き写しましょう。

3に関しては、今回変更になった事項の変更前の情報を記載します。例えば結婚で氏名・本籍が変更になったのであれば、変更前の氏名・本籍を記載します。

4については、変更になった理由と変更日について記載します。

 

薬剤師免許証の更新(書換交付)

薬剤師免許証の更新(書換交付)も、名簿を変更するのと同じように住所地の保健所にて行います。

変更に必要な書類・手数料は以下の通りなので、こちらも揃えてから保健所へ行きましょう。ちなみに薬剤師免許の変更手続きに必要なモノと結構かぶってますっ!

薬剤師免許の変更に必要な書類・費用

  1. 薬剤師免許書換交付申請書
  2. 戸籍謄本、または戸籍抄本 ※発行日から6ヶ月以内
  3. 薬剤師免許証
  4. 手数料(収入印紙):2,750円

1の『薬剤師免許書換交付申請書』は保健所に用意されていますが、これまたHPからもダウンロード可能です➡e-Gov 電子政府の総合窓口 薬剤師免許証の書換交付 【薬剤師免許書換交付申請書】をクリック

薬剤師免許証の再交付までは、申請書を保健所に提出してから約2~3ヶ月かかります。この間に転職活動を行う場合は、保健所の窓口で変更登録済み証明書を発行してもらいましょう。費用は大体300~400円ぐらいです。

 

もしあなたが転職活動もしている頑張り屋さんなら、転職会社を選ぶときにどういった点に注意すると良いのかまとめたコチラの記事を参考にしてみてください。[kanren postid=”76″]

 

また、「復職を考えているから最近の調剤報酬を勉強し直さなければ!」と思っている人には、最新の保険調剤テキストを無料でゲットする方法を書いたコチラの記事も併せて参考にしてみてください。[kanren postid=”713″]

 

薬剤師免許の変更方法まとめ

薬剤師名簿と薬剤師免許証の変更手続きについて、以下にまとめる。

必要書類が被っているし、ただでさえメンドクサイ手続きなので、名簿の変更と免許証の発行手続きは同時にやっちゃうのがコスパ良い。

必要書類・費用のまとめ

  1. 薬剤師名簿訂正書
  2. 薬剤師免許書換交付書
  3. 戸籍謄本、または戸籍抄本 ※発行日から6ヶ月以内
  4. 薬剤師免許書
  5. 手数料(収入印紙):合計3,750円
  6. (変更後、30日を超えた場合)遅延理由書

■申請場所:住所地(住民票記載の住所)の保健所

保険薬局で働いている場合は、続いて保険薬剤師の登録変更届を提出する必要があるので、薬剤師免許の変更が完了しだい、そちらの変更届も提出するようにしましょう。

結婚などで氏名や本籍地が変わった場合、そのタイミングで変更関係を済ませないと忘れてしまいがちなので、早めに変更届を提出しちゃいましょうね!

 

んじゃね!

 

薬剤師のあなたへ、薬局に関する勉強に便利なサイトを紹介

薬局に勤めている人が結構な割合で登録してるから「おい、いまさらかよ」と思われるかもしれないけど、、まだ知らない人のためにご紹介する。薬局に関連する最新情報を効率的に集められる最強サイトといえば『m3』。

このサイトは、薬局に関係性のある最新情報を、国内外問わず、まとめて確認できるのだ!

 

一例ですけど、こういった情報が毎日更新される↓

m3_サンプル

 

こう、非常に興味をひかれるコンテンツが豊富。それで、毎日更新される。 なので、毎朝の通勤時間でサッと記事のタイトルだけ見ておけば「え、知らないの?」といった取り残されるリスクが無くなる。

 

閲覧するためには登録が必要なんだけど、お財布にやさしく登録費が無料。登録時に入力する内容は名前とか生年月日などで、「1分」あれば登録ができる。

なので、登録するか悩むぐらいなら、その悩んでる時間で登録完了するレベル

 

あと地味に嬉しいのは、サイト内の動画を見ると『m3ポイント』なるものが貯まり、『Amazonギフト』と交換できる。情報収集しながらお小遣い稼ぎできるのが一石二鳥。

 

登録して「ソン」は無いというか、使わないと「ソン」。 イケてる薬剤師になりたいなら、「まだ、m3使ってないの?」的な必須サイトなので、他の薬剤師に差をつけられる前にお早めに!

公式サイトm3